今回は、「IoT」と「M2M」について考えてみました。

 

You need ID and Password.