関数のグラフで、ある数値「A」から「B」までの範囲内の面積を求めるには、「積分」をします。
範囲を区切っただけでは、蛇行した部分を含めた積分をすることはできません。範囲「A~B」を一定数で区切り、「近似値」で面積を求めます。
簡単なプログラムで、その違いを見てみましょう。

■君島 武士

You need ID and Password.