4346m

【特集】
ハッカー 「能力」と「守備範囲」
クラッカー 「手口」と「対策」

 「ハッカー」とは、本来コンピュータや電気に深い知識をもち、普通の人間が不可能と思うような部分に切り込む(ハックできる)人を指していました。
 世界的なITの普及により、「サイバー攻撃」は、金銭目当ての個人的な脅迫ばかりでなく、「諜報」「破壊活動」を目的とした「官公庁」や「軍」などを狙った、国家規模の攻撃へとシフトしています。
 日本でも、「年金機構」の「情報流出問題」などは、記憶に新しいところです。
 これらの攻撃に対して一般的な「対策」や「技術」はもちろん必要ですが、何より、「ハッカー」水準の人を要所に配置する必要があります。

ハッカー
 一般の技術者とは異なる「ハッカー」の「能力」と「守備範囲」について、特集します。
クラッカー
 「DNS攻撃」や「クラッカーの手口」では、具体的な対処方法を紹介します。

 こちらよりお買い求めください!