【10 月号】2021年 I/O10月号

 かつて電子工作のイメージと言えば、専門的な知識と技術を必要とする「の遊び」でした。
 しかし、「Raspberry Pi」や「M5Stack」など、ハンダなしでも動かせるマイコンボードが主流となった今、「電子工作」を始めるハードルはぐっと下がりました。

 そこで今月は、新時代の「電子工作の基礎」について、今一度考えていきます。

 より便利に、手軽になった「電子工作の現状」を紹介。
 また、電子工作を始めるにあたって最低限必要なものや、意外とつまずきやすいプログラミングについての基本的な事項を解説。

 最後に、電子工作上級者による「ステップアップのためのアドバイス」も紹介しています。

【10 月号】「PIC I2C接続」による「16chサーボ」駆動実験

 「2足歩行ロボット」などの製作では、関節に多数のサーボを使い、独立して制御しています。
 そのような場合に便利な、「I2C接続」の「16チャンネルサーボ駆動キット」が、950円という安価(秋月電子)で販売されています。
 今回はこのキットを使って、複数のサーボを駆動する実験をしましょう。

 キットを動作させるためのマイコン回路は300円程度で、極めて小さく作ることが可能です。

【10 月号】身近になる「仮想デスクトップ」 

 「Windows 10 Pro」以上でサポートされていた「リモート・デスクトップ」を、Chrome他の主要ブラウザがサポート。
 個人で簡単に利用できます。

【10 月号】Corel Paintshop Pro 2022

コーレル(株)が、画像編集ソフト「Corel Paintshop Pro 2022」(コーレル ペイントショッププロ)を発表しました。

【10 月号】「M5StickC」の始め方

 「M5StickC」は高度なマイコンと画面を搭載した、比較的安価なモジュールです。
 ここでは通信機能を実装するまでの開発の流れを書きます。

【10 月号】FURUのガジェット紹介レポート

 各社、趣向を凝らし、 さまざまな種類の商品を発表している、スマートガジェット業界。
 今回も、とても変わったガジェットをご案内します。

【10 月号】インターネット「匿名雑談」会

 今月は、ライターの皆さんに、「電子工作」や「ワンボード・マイコン」について語っていただきました。

【10 月号】「自作3Dモデル」を表示してみよう

 今どきのPCには低価格なマシンであっても、ある程度の3Dグラフィックを表示できる機能は備わっています。
 しかし、3Dモデルを作成する方法はあまり知られていません。
 ここでは、自作3Dモデルのアニメーションの作り方について触れます。

【10 月号】パッと学ぶ「ファイアウォール」

 ネットワーク・セキュリティの定番、「ファイアウォール」(FW)とはどのようなものか解説します。

【10 月号】プログラミングの玉手箱 第8回

一見複雑で、実現不可能に見えるもの。
そんなものでも見方を変えて工夫すれば、意外と単純なコードで実現できることがあります。
第8回目では、「エラーは出ないけれども、思ったように動かない」。そんなとき、原因を探るコツについて考えてみます。

【10 月号】I/Oプラザweb版2021年10月号

9月頭に発足した「デジタル庁」、目標は「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」だとか。これを機にネットでできる公共手続きがもっと増えるといいのですが…

【10 月号】はみだしI/Oマップ2021年10月号

 ケニアのマラソン選手が、札幌でのマラソンのレース中に水や氷を求める様子が、テレビで放映されていました。
 期待していた涼しい札幌でなく、本州と変わらない暑さと湿度なので、マラソンの棄権者が多数いたそうです。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について