【11 月号】2020年 I/O11月号

 昨今、「NVIDIA」が新製品を開発して話題になっている「GPU」。
 「GPU」は高性能PCには欠かせないパーツとして、「3D-CG」の「描画」や「映像処理」に使われます。
 さらに、その圧倒的な処理速度の速さから、高速の“計算装置”としても利用されてきました。

 11月号では、「NVIDIA」が開発したGPU「GeForce RTX 30」がどのような性能なのか、昨今注目されている「AI開発」や「ゲーム開発」などで「GPU」がどう役に立っているのか、さらに「GPUサーバ」や「仮想GPU」などのGPUの応用例まで、GPUについて徹底的に解説していきます。

【11 月号】AIによる「ラジコン・カー」の自動運転

 人工知能の「ディープラーニング」を使って、「ラジコン・カー」の自動運転をしてみました。
 また、ラジコン・カー内部の「Raspberry Pi」周りの技術も解説します。

【11 月号】「DAW」と 「ミュージックトラッカー」

 「コンピュータ」で音楽を作るツールとして一般的な、「DTM」(デスクトップ・ミュージック)と、「DAW」「ミュージックトラッカー」について解説します。

【11 月号】OPTPiX 「SpriteStudio」でアニメーション

「SpriteStudio」を使えば、用意した画像素材を思いのままに動かせます。
つまり、「画像」であればキャラクターでなくてもいいわけです。
今回は、キャラクター以外の素材を用いてアニメーションを作ってみます。
また、「マスク機能」についても解説します。

【11 月号】Blender 2.90

 先日リリースされた「Blender 2.90」の「新機能」と、「Blender 2.83LTS」との違い、などを紹介していきます。

【11 月号】「Mind Render」で3Dゲームを作ろう!

 「Mind Render」は、「ブロック・プログラミング」によって3Dゲームなどを簡単に作ることができる、「プログラミング学習アプリ」です。
 今回は、キーボードの操作で車を走らせるプログラムを作ってみます。

【11 月号】マイコンを使った「音楽自動演奏」の基礎原理(後編)

 マイコンを使った「音楽自動演奏」装置を作りましょう。  製作費は800円程度と格安ですが、演奏中にテンポも変えられる「オリジナル16曲電子オルゴール」が作れます。  「後編」では、楽譜をデータ化して自動演奏用のプログラ…

【11 月号】実質無料で驚異の高機能3D-CAD Fusion360

今回は、「Fusion360」を使って、展示会のブースデザインを3D化する方法を紹介します。

【11 月号】Seeed社の液晶付きマイコン「Wio Terminal」

 Seeed社の「Wio Terminal」は、液晶画面付きのマイコンです。 今月は、「無線LAN」を使ってみます。 大澤 文孝 You need ID and Password.

【11 月号】「Video Authenticator」

 今年9月、Microsoftは「Video Authenticator」と名付けた「ディープ・フェイク」対策ツールを発表しました。
 本稿では、AI技術の発展とともに精巧さを増し、今後ますます危険な存在となっていくであろう、「ディープ・フェイク」対策の最前線を、「Video Authenticator」を中心に紹介します。

【11 月号】「Jupyter Notebook」レシピ

 今月は、動画の「顔の部分」に、自動的に「モザイク」をかけるプログラムを作ってみます。

【11 月号】FURUのガジェット紹介レポート

 各社、趣向を凝らし、さまざまな種類の商品を発表している、「スマート・ガジェット」業界。
 今回も、変わった「ガジェット」をご案内します。

【11 月号】I/OプラザWEB版11月号

まだ発売前ですが、「PS5」の予約合戦が大変激しくなっているそうです。据え置き機の世代がゲームキューブで止まっている身としてはこのまま「低みの見物」を決め込もうかと思いますが、あれはあれで楽しそうですね。

【11 月号】はみだしI/Oマップ2020年11月号

 新型コロナウイルスにより、店頭のマスクが1家族1箱限定販売になり、品薄で店頭で買えないときもありました。
 最近、国内生産のマスクが安く出回るようになり、ほっとしております。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について